<< 明日はTOEICです | main | 2月になりました >>
行ってきたTOEIC1月28日

さて行ってきました。いやーマジで遠かったです、乗り換え3回ですって。しかも寒い。

でもいっそここまで寒いと念願の極寒TOEICチャレンジみたくなってちょっとテンション上がりました。

個人的には冬の2次試験の朝一を超えてましたね。僕がブログ始めてからの中で最寒の中での出陣だったでしょう。

日本中寒かったみたいなんでみなさんもそうだったんじゃないでしょうかね。

 

で会場、すげー数の人。あらーみんなここになったんだ。僕一人じゃなかったんだね、文句言ってごめん。

これもおそらく最多だったんじゃないでしょうか。

大抵こういうときって同じ会場で他の試験やってるもんなんですが今回はその気配もなし!

やっぱこの界隈で行ける距離の人はみんな強制的にここになったんだね。

すげー吸い込みで次から次へと人が門に飲み込まれていく姿がちょっと異様な感すらありましたね。

でこの会場なんですが、本当に綺麗でした!これも記録じゃないかな?!いなかもんにはマブシイ超近代ビル?でしたね。

まあそれでも2時間かけて次回もここがいいかと言われると正直お断りですけど。

 

それで人数が多すぎる or 会場が大規模すぎるせいか、いつも配ってる教室割の紙の裏側になんと地図が!

ほらきたすごくね?これで図表問題の予行練習達成。

というわけでお膳立てもあってなんだかんだでいい感じで試験開始。

 

で手応えは…まあまあでしたね。少なくとも900半ばではないと思います。手応えはね!

以前こんなノリで965って炸裂したんで手応えなんてあてにならないですけどね。へっ。

 

リスニングは写真が1問、難しかったですね。

僕が最終的に選んだのは傘がアバーブなんとかです。でもこれもなんか即決できなかったんですよねー。

ていうかアバーブなんて絶対自分じゃ使わないんで最初は僕が知らない句動詞かと思いました。

机のアバーブでしかやってないとこうなっちゃいますね。これ違う?

 

part 2はいつも通りですね。

ここはもう何回目かわかりませんが、時制や呼応の不一致、「疑問詞 → yes no でアウト」等のルール系の振り分けだけでまだまだ全然やれます。

これを守りながらあとは「 a がいかに正解っぽく聞こえてもまだ塗らないで必ずその先を聞く、 a より絶対に1枚上で正解だろうってのがきた場合だけ乗り換える、b から c への乗り換えも同じ条件でする」だけで、ここはほとんどいける気がします。

これは複数のテクニック本から思いっきりパクって合成した方法です。いやー先人の知恵ってすごいです色んな先生ありがとう!

おそらく今書いたことだけで part 2 はほとんど凌げる気がします。

 

part 3、4はいつも通りでしたね。会合が真昼間になったのは大穴でしたね。

各々の希望が行ったり来たりして最近の図表問題の中ではかなり振られたんじゃないでしょうか?

これ図表を見ながら聞いてた人だと普通に鉛筆先つける人とかいたんじゃね?ってくらい行ったり来たりでしたよね。

 

リーディングは part 5の途中で知らない語?コロケーション?が出現。まあでもこれは仕方ないです。

確かエントリーのいくつかは拡張どうこうってやつです。

これ帰りの電車の吊り広告で閃いたんですがおそらく辞書の話でしょう。

part 7にも知らない語が出ました。wrong vehicle と決勝になりましたね。まあ僕自身の経験からさすがに間違って人の車乗ってっちゃう大人はいないと思いたいので知らない語の方にしました。

あと英検に引き続き、木の根っこがどうこうっていう問題が出現。なんで?今ブームなん?どうした英語界。

しかも英検並に難しい。これの2問目(なぜ専門家を雇ったのですか?)は一見「どの木を動かすか」で即決に見えたんですが、ちょっと際どい奴が混じってた気がするんですよね…「木の健康は不変か」みたいな。わしゃ知らんよ。

んでここは確定できませんでした。まあこれはしゃーない。極寒のせいや。

あー今思った、僕が灼熱TOEICとか極寒TOEICにチャレンジしてみたい理由は「極限を楽しむ」じゃないですね。

「滑りの言い訳ができる」ですね。こっちは確定できましたはい。

 

そうそう part 7で約束の日に商品が届かなくって作業ができなかったから補償してくれって訴えに対して、おそらくできるって言ったきり相手がバックれた話がすごかったですね。まあこうなったら2度と返信ないですよ。

これも背景知識あるんでわかりますよ、しかも某全国チェーン店で。

あれでもそう考えると、お昼ご飯食べてきちゃいましたって正直に白状した例の何でも屋は誠実?まあ悪い人ではないからな…。

 

ってわけで複雑な想いのまま終了。帰りはなんと途中で乗り換えの狭間にあたって18分待ちの箇所が出たので2時間以上かかりました。ほへー。移動が一番疲れたよ。

まあでも色々エクストリームな体験が出来て総合では悔いはないです。試験だしね!やっぱ楽しいです。

そんでその後は例の知人のところに向かうも、下手にTOEICで達成感が出たせいかテンションが上がらず、とりあえずでケーキ食ってましたが奴の話にテンションは下がる一方でした。ちなみに奴のバイブスは上がりまくってましたけどね。

英検のリスニング自己最のお礼で36分までは体裁だけでも真面目に聞いてたんですがそれが火をつけたんでしょうか。

そこを過ぎてからはうっかり死んだ目で聞き流す箇所が出ちゃいましたが、僕よりKYだったようで気づかれずに助かりました。

死んだ目の僕をお構い無しに本当に楽しそうで良かったです。なんか最後には観光英検のリスニング思い出してきちゃったわ…。

みなさんも同じような体験あると思うんで、それが観光英検の状態だと思ってくださいね。

TOEICはそこまで孤独にされないのも楽しい理由でしょうか。お疲れ様でした。

 

| TOEIC | 18:56 | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:56 | - | - | - |