<< 3月12日のTOEIC | main | 連休です。 >>
個人的に駄目だった方法 ネイティブごっこ

さて早いものでもう3月も半分が過ぎましたね。4月から新生活って人もいるかと思います。

新生活で自分もリニューアルできらきら生活のはじまり!って気分になりますよね。僕にも経験あります。

んで思い出した勉強法があります、いきなり水をさすようですがある程度続けてみて駄目だったやつです。

ダメだったくらいなので基本的に需要ないと思うんですが僕のブログコンセプトは誰かのちょっとした息抜きになれば嬉しいな、なので僕の息抜きに書きます。

 

よく本屋さんには「歩いてみて街の風景を英語で言ってみましょう」「今日あったことについて英語で日記を書いてみましょう」とかいう本がありますよね。

なんか日常的に英語変換してたらネイティブ脳になれそうだし自然に英語出たらカッコイイしそうなったらもはやネイティブじゃん!うひょーやるやる!って思いますよね。そうでもなさそうな気もしますが、みんなそんな感じだからこの時期はこんなような本が沢山あるんだろうという事にしておきます。

ちなみに僕はそんな感じでした。でも本買うお金はなかったのでこの煽りだけパクってタダで英語力上がるならやってみようスピリットでやってみました!

ちなみにあくまで上っ面の立ち読みインスパイアなので具体的な方法が合ってるかどうかは知りません!

でもこのなんかすぐ英語化できる技が完成したら1次の作文や鬼門の2次で役に立つにかも知れないと試験脳バリバリにうきうき取りかかってみたわけです。

 

んで。駅まで行きました、風景を言ってみます。うふふネイティブ気分!

There is a 〇〇 at that corner.

 

日記を書いてみます。やべーすげー日常の英文書いてる僕ー!

I went to 〇〇.

 

ん?なんか英語化してるけど経験値積んでる感全くしないな。と思いながらも日々ひたすらに続けます、継続が大切だもんね。

There is a 〇〇 at that corner. 

I went to 〇〇.

 

きました新入り、俺確実にネイティブに近づいてる!!

I bought a 〇〇.

I got a 〇〇.

 

日々こんな感じが続きます……どうですか、みなさん何か気がつきましたでしょうか。

そうです、毎日毎日基本的に

There is a 〇〇 at that corner. しか言わない。

I went to 〇〇. しか書かない。

 

たまにくるゲストもいたって普通のSVO、しかもその中に知らない言い回しが出そうだと避けて使わない。

結局言う内容や書く内容を選んでるので全然レベルアップしませんでした。

 

同じ事しか選ばないのでただただルーティンが身についただけでした。だからこのフレーズは身につきましたよ。一応僕の得意呪文ですね。ボス戦に備えてインパスとかトラマナ覚えたようなもんで試験ではあんま使い道がないのが難点でした。

 

せめて「ここの店主はどっかハーフっぽい、TOEIC800くらいあったりするんだろうか」とか

「俺の目標は今年中に英検1級に合格する事だ、夏祭りなどという道楽にいってる余裕はない」とかやってみればいいんですがやりません、無理なんで。

内容に自ら制約をかけてできる事しかやらないわけです、進化する気ありません。

 

んでもこれはタダだし、なんかのついでに出来るので時間効率第一だった僕はランニングコストの良さに気をよくして結構粘ってやったみたんですよねえ。本来の目的がズレてる時点でコスト最悪なのはスルーでがんばってました。

ごくまれにちょっと気になってこれなんて言うんだろうとか調べて訳を日記帳の末尾にまとめたりするんですが、やっぱその中でもお気に入りというかある程度確定しているものだけしか使わなくなって最終的には難しい名前になりそうな店は意図的に視界にないことにしましたし、難しい言い回しじゃないと表現できなさそうな出来事は起きてないことにしてましたね。

日常で自然に使えるようになる為だって言ってんのに。誰に見栄を張ってんだか僕にも解りません。

 

そのうちに呪文になってるのに気がついて、あみだで「今日は強制的にこの単語とこの構文を使う」とかって決めてたこともあったんですがある日ふとこれじゃ問題集やるのと変わらないな、と思ってやめました。コストがね。悪いんでね。

 

ネイティブごっこはいくらなんでも自由過ぎて、かえって駄目でしたねー。

自由なんだから明るく楽しく There is a 〇〇. だけ言ってればいいんですが、それすらなんか違うってなって何故か継続しないのがマモメンタルです。逆に新たなフレーズ使えたら100円拾えるとかあればその方が一日中いろんな言い回しでブツブツ言って何年も続いていたんじゃないかと思いますね。それこそコスト最高だったと思います。まあ英検合格が早まったかは別ですけど。

 

今なら少しは出来るかもしれませんが、合格してしまったので日常に英語を持ち込むのは自信を失うリスクがあるのでコスパ最悪でございます。なので絶対やりません。やっぱりコレは僕には向いてない方法なんでしょうね。

 

俺はこの方法やって身に付いたし役にも立ったよって方もいるかとは思いますが、僕みたいになんか経験値入ってる感じしないなって人は一回見直した方がコスパいいかもしれません。

自由気ままにやるのがもちろん一番大事なんですが、それはいつしか負荷のない勉強へと近づいちゃうこともあると思うので。

でもまあこんなブログ見てる時点でそういうの気にしないおおらかな人だと思うんで続けてみたら思っても無い結果につながるかも知れません!

 

ついでなんでやってる人にお題を置いておきましょうか。

 

今日たまたま見つけた英語学習者のブログを読んだ。英語試験の対策になるかと思い我慢して長文を読んだが結果時間をムダにした。信じられない程頭に入って来ない駄文だった。

これで英作文が4スキルで一番得意らしいから英検1級の採点基準は意外と甘いのかもしれない、俺もやったるぞ!

 

こんなんを英語日記に書いてみて下さいね。

ちなみに当時の僕が書いたらきっとこんな感じですね。

 

I found a blog. He studies English.

I read it but I could not undertstand some sentences.

I lost time but I got hope.

I may pass the next Eiken.  

 

こんな感じになっちゃうと思ってるほど経験値もらえてないんでコスパ悪いと思います。

His writing style is so lax that that hardly makes me motivated to read the article seirously.

とかくらいは書いたら少しは経験値入るかもしれませんね。そもそもこれあってるかわかりませんけど。

でも経験値は入らなくてもやった気になるのも大事ですし、楽しめる人はいつのまにか経験値も入ってるかもしれないですね。

僕はいつの間にか見栄っ張りスキルポイントがたまってたタイプなんですが。

| 個人的にあまり有効じゃなかった勉強法 | 23:10 | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - | - |