まさかの3連続のクリスマスプレゼント

今年は冷え込む景気に比例したどん滑りのクリスマス商戦に見えましたね、皆さんはどんなクリスマスでしたでしょうか。

大人になるとどうもこうもないのが年末年始ですが、なんとなく町中がシラけた雰囲気で寂しかったですねえ。

まあ妙に気温は高いし増税だしでみなさん冷静に対処した結果なんですかねー。僕は毎年賑わいは他人任せで雰囲気を楽しんでたので、今年の街のムードはちょっと残念でしたね。

とそんな僕にまさかの3連続でのクリスマスプレゼントが来ました!観光、TOEICときて、まさかの技術英検プレテストの結果です。早えー。

いやーこれはびっくり。僕の感覚ではまずプレテスト自体結果は完全に闇の中ってのが常識だったんで、もらえるだけでびっくりだったんですよね。

んでもってさらにこれがきっちり期日内。流石一歩先行くJSTC、撒き餌が上手いです。やっぱこのご時世に16500円で1技能のみの試験に客を呼びたいんであればこのくらいやらないとね。

ていうかこれフライング気味な感すらあるよね。受験時の案内には12月下旬みたいに書いてあったんですが、ここんとこの職人さんの誇大広告連打に毒された人間としては、こういう風に書いてある時って最速で12月下旬って場合がほとんどだったので全然期待してなかったんですけど、徹底してます。

全問記述式にもかかわらず都内どころかまさかの我が家にまで年内着。ていうかこの時点でこの片田舎に来てるってことは20日とかには採点終わってたんじゃね?いやーこれはすげー。姿勢がガチです。

 

んでせっかくなんで結果を公表しましょう。じゃじゃーん!

 

 

これはーーーー!!!!って全然わからん。どうなんだろ?

パッと見の感想としてはこれ結構いい感じじゃね?とも思えるんですけど。あーでも150点がプロフェッショナルのラインなんだっけ。じゃあ駄目じゃん。

いやでもこれやっぱ結構よくない?だって工業英検1級から2年経ってるのにこれよ。どやぁ。まあ個人的には大健闘ですね。

工業英検1級は7割(140点)が合格ラインだったので、「工業英検1級以上、技術英検プロフェッショナル未満」という、僕の今のポジションを非常に正確に表した結果となりました。

 

詳細はわかりませんが、手応えから推測するに大問1の要約で大きく失点して、あとはまあまあよくて取り返したって感じでしょう。実は僕、大問1の要約120語以内に対して88語しか書いてないんですよねー。

なんていうかどこを入れてどこを切るかやってるうちに、ならいっそ全部切っちゃえばいいんじゃね?とか思ってこうなっちゃいました。

総合がここまで健闘していたとなると、

「120語の要約に80台で解答しても、内容がよければ結構な点がもらえる。僕の大問1は大した減点ではなかった」

「ここは手応え通りに足切りを争うレベルの悪さだったが、他がかなり良くて総合では7割まで引っ張り上げた」

のどっちかってことになります。んでおそらくは後者じゃないかと思います。

大問4、5の強制英語解答はかなり面食らったんですが、それはみんな一緒だったってことでしょうかね?ちなみに旧工業英検ではここは日本語でも英語でも解答可能だったんですが、英語で答えてた人っていたんでしょうか?

 

んで戦犯となったと思われる大問1ですが、たしかこれも変更前の(2016年以前の)工業英検1級に同じ形式があったはずなんですよねー。この時期の過去問がどっかで手に入るなら練習できそうです。

 

そう考えるとこれ5月にやる技術英検プロフェッショナル初回も結構どうにかなるんじゃないかって気がしてきましたね。

ちなみに今回も辞書に関しては日本語を調べることの方が多かったです。本業ではやっぱしあんま使いませんでしたね。

和訳問題が消えてるんで、この形式のままゴーなら英訳の題材次第では本試験では全く使わない辞書を使わない人が現れるかもしれませんね。

 

感想にも書いたんですが、一番の変化は作業部分の激減でしたね。この試験って以前は実は結構、作業感があったんですよ。

「簡潔に直しなさい」って課題なんかだと割と万能の公式みたいのがあったんですよね。bring about = cause とか There is = S has とか make provide give は基本退場とか。まあそれでもこれらをただ代入したら終わりってわけでもないんだけどさ。

んで新形式はそういった作業の部分は激減して、表面の技術よりも人柄の方を重視、心技体でいうなら「心」にかなりの重きが置かれているような気がしました。

こないだご一緒した方の情報によると、面接があったころは相当立ち入ったことを聞いていたようですし、本当なら面接もすぐにでも復活させたいんじゃないですかね。

あー!そうだよ!ちょうど思い出したわ!合格者の集いで作成者&採点者の先生にお礼を言ったときにチョロっと聞いたんだけど「あの試験時間じゃ色々無理だからねー」とか言ってたわ。

作成側がそうやって見てる時点でこの試験って技術よりも「あなたが翻訳のするときの心構えを教えてください」ってのがメインで、課題文なんて所詮は材料程度なんじゃないですかね?

今は機械翻訳が全盛期なんで技術ならいくらでもカバーできますもんね。その中でみんなはどうしたいんですか?ってのがこの試験の本丸なのかもしれません。未だに頑なに手書きなのもこのあたりが関係してる気がします。

ガチガチの完成原稿よりもふわっと出てくる第一案を見た方が「プレーヤー」を判定したい場合には有効そうですし。

 

とまあこんな感じで、点数であと8点+朧げながら傾向も見えたので、気を良くして5月はほぼ間違いなく挑戦だと思います。

僕の人柄を加味してその上でいい結果をくれそうな試験なんて唯一無二なんで是非また合格したいですね。まあ試験の格は疑問視されるかもしれませんけど。

| 英語試験 | 13:22 | - | - | - |
今年もきました、ちょっと遅いクリスマスプレゼントの

観光英検でーす。まあ他の試験と比べると手応えは雲泥の差なんで終了時はぐったりだったんですが、去年はなんと18/40でリスニングは合格だったという奇跡が起きたんでね。もしや今年こそは!?

 

 

ってやっぱダメー。なんなん。と思いきやなんと両方とも不合格Aでした。まあまあ惜しいっすねぇー!!

ちなみに僕は筆記26/45、リスニング19/35(合格点はそれぞれ29、20だそうです)でした。あーあーあーリスニングめっちゃ惜しいじゃん!きえーっ!!

それにしてもいい点数でしたねえ!いや僕にしてはですけど。

今回は遊び理論(普段このブログで提唱している理論で、試験直前に英語のイヤホンをして道路を歩いているのと、ジョロウグモを見て道路を歩いているのは実質同じ効果なんじゃないかという謎理論。行き過ぎると運任せとも言う)炸裂だったんで、実は密かに期待してたんですよね。んで結果!はダメでしたが、かなり迫ったんじゃないでしょうか!

んーでも裏を返せば、今回のこのいい流れで取れなかったとなると、かなりの大チャンスを逃したことになりますね。このままズルズル和牛みたいになりそう。ってもうエントリーもやめるんかい。まさに後を追いそうじゃん。

一応年を追うごとに

32/90

42/90

45/80

と総合点は上がっているので、まあ来年流れが再び味方すればって感じですかねー。流れが味方とか1年前から不確定要素にすがってますけど。

ちなみに初年以外は特にそこまであれやこれやの大掛かりな対策はしてないんですが、何故かマジに点数が上がってきましたね。

ていうか逆に初年はあんなにやったのになんであんな激烈な点数だったのか。多分あれ全受験者中最下位だったよね。開催側もよう万札はたいて受けにきたなって感じだったんじゃないでしょうか。

しかも当時はその解答を載せてたんだからびっくりです。うん、世の学習者に勇気を与えてますね。

 

点数が伸びた原因を真面目に分析すると、これ観光英語検定ってだけあってさ、搭乗手続きとかそういう観光業務の英語のコロケーションの相場があるんですよ。まあ規格みたいなもんですかね?

んでこれが今回だと筆記のうち15問(1〜5と16〜25)がそうで、ここが伸びたようです。まあ僕みたいな知識の足りない奴はあくまで形の隙をつくしかないんでね。

でもそれでもさ、試験によせて少しでも知識系統を積もうと1回分2500円の過去問を模試形式でサラッとやってはいるのよ。でもこの値段だと2回分しか買えないじゃないですか。

んでもうさすがに覚え始めちゃったんでいよいよ次回こそ受からないとですね。この過去問を完全に覚えちゃってそれでも駄目だと、いよいよ追加で買わなきゃいけなくなるし。

昨年は再登場問題を潰し、今年はコロケーションを潰し、ときてあとは知識問題なんですけど、やっぱこれだけはなーんかやる気しないんだよねー。あるじゃんコンプでも錬金コンプはめんどいとかさ。モンスターのコンプは楽しいけどねー。

日本から一歩も出ずに世界の観光名所を英語で答えられるとか、こういう茶番の企画は大好きだし、それによくフワッと世界の絶景とか見ると綺麗だなーと思うから少しは興味はあるはずなんですけどねー。ダーウィンバークスパイダーも見てみたいし。

おそらく知識問題に嫌気がさしてる原因はどっかガイドを思い出すのと、1年目の世界遺産ヤマ張り直撃からの即答0問がトラウマとなってるんでしょうな。

 

てわけで結果はまたも敗戦となりました。同じ時期に始めた工業英検は流れでなんとか取れたので、こっちももういい加減取りたいですねー。あっちは1回15000円、こっちは1回10000円で、今年も観光英検が落ちたことで4回目の受験まで確定になっちゃったので、計30000円 VS 計40000円となり観光英検が勝利となりました。

あーいや違うわ、向こうは技術英検に変わって受け直しじゃん!

現時点で

工業英検関連 → 最速取得で計46500円

観光英検 → 最速取得で計40000円

になりますね。やべえ抜きつ抜かれつのデッドヒートじゃん。まあどっちが勝ってもいいんだけど。そもそも勝ちの価値がわからねえ。

工業英検1級が正式にプロフェッショナルとの互換不可宣告をされたのは財布的に相当痛いことになりますね。ちくしょーこれさ、何かしら旧工業英検の合格者には受験料の減額措置を…あれ、でもちょっと待ってこれもし来年技術英検プロ取ったら

 

工業英検1級

観光英検1級

技術英検プロフェッショナル

 

と3つ冠を増やせるよね?おっ?そう考えると互換不可からの受け直しもまあそれはそれでいいか。

やーここんとこ色々惨劇があり過ぎて、少しでも可能性があると容易に魔物思考還り起こしそうです。

最近は本当にようやく日常に戻りつつあるんですが、◯池の連続音信不通記録だけはこれからもねちねち継続して記憶していくつもりです。僕の観光が先か?菊池が先か?!ってこの先2年かかっても僕が圧勝だと思います。これは確信を持って勝利宣言できるんでそこだけはこの件の唯一の利点として使い倒そうと思います。

| 英語試験 | 12:52 | - | - | - |
行ってきた無料試験

さてTOEICの当日ですがKYにTOEIC以外の記事です。今月のは申し込み忘れちゃったんでね。

なので本当は今日はせっせと200問塗ってるはずだったので、代わりになんか塗りたいと思ってたんですが昼間に爺さんがボンド塗りにくるらしいです。またも上級のKYに当たっております。

 

しょうがないんでブログでも書くかーとなりましたが、これは11月末に行った試験の話です。職人さんと爺さん群のなんやかんやに揉まれまくって試験どころじゃないと書いてましたがちゃっかり行ってきました!

なんたって無料ですからね、ストレス解消に抜群の効果がありましたねえ。

ここのところの僕の経験上「無料」には必ず落とし穴があったんで、申し込み受付したのに実施日過ぎても連絡なしのまま放置とか行ったら試験の内容聞かされるだけで実技なしで終了とか全然関係ない試験を斡旋されるとかじゃないかとやみくもに怪しんでましたが、もちろんやんごとなく終わりとても充実した1日になりました!ありがとうございました。

ねーやっぱ職人の世界が異常なんだねー。もう逆に良かったよ。

 

そんでなんの試験かというと!はいみなさんご存知の工業英検の後任、技術英検の無料試験です。工業英検に後任ってなんの話?って人の方が多いと思うんで興味のある人は調べてみてください。

ちなみに工業英検系列の試験だから辞書の持ち込み可です。僕は以前書いた癒着辞書と、すげー普通の英和和英を持っていきました。

 

全体の形式は

 

大問1 見開きの技術文書を読んで15語以内でタイトルつけて120語以内で要約

大問2 英訳  

大問3 10行くらいの和文を英文90語以内で要約

大問4 テクニカルライティング理論、英語解答

大問5 説明書の問題点を指摘&直し、英語解答

 

んでルンルンで取りかかりましたがまず大問1で砕かれました。見開きの長文を読んでタイトルつけてその後要約なんですがかなりコンパクト化しないと全っ然足んない。いきなり本気出すじゃん、僕も本気だったんだけど思ってたんとちがうじゃん。

明らかに足りないんで、個人的にはラテ欄作成の感覚に思いました。

 

大問2が英訳。ここだけは普通でした。なんかこの電磁石の本文、まるまるどっかで見たことあるんだけど気のせいですかね?

何回か辞書を引きながら解答。ここだけは端折らずに正確さ重視で書きました。ただ今となってはちょっと時間を使いすぎた気がしましたねー。

 

大問3は長めの日本語を読んで、英文による英訳。

1ほどじゃないにせよこれもかなり上手に取捨選択してさらに形も詰めないと全然足んねー。

しかも今の僕が大っ嫌いな建築資材の話。ていうかこれさ、さっきから思ってたけどさ「工業分野に限らない、時代にあった英語」みたいな触れ込みがあったのに、あまり取り扱うジャンルの幅が変わってないような…ハイテク(それこそウェブ)関連の課題がないのはなんでなん?まあ出されても得意じゃないからどっちにしろ困るけどさ。

 

大問4はテクニカルライティングの理論。ここは旧試験では日本語解答可能だったのに英語で答えなければいけなくなってパワーアップ。

ちなみにこの大問中で、前半の2問に関しては本文(冒頭の文&その後の課題文)がズバリそのまま答えだった気がするんですが違うんですかね?

 

メインセンテンスを冒頭に置かないとどんな問題が生じるか?

→冒頭で方向性を示さないとロスが生じる

(具体例:最初にコンセプトが示されてないと、文中の「細かい例」の意義が一気に取りにくくなる)

 

メインセンテンスを後発する可能性があるのはどういうときか?

→誰がどんな目線で読むかがほぼほぼわかりきってる場合(具体例:機関誌など)

 この場合は最後にメインセンテンスを思ってきた方が persuasive で dramatic になるかもしれない

 

とか書きました。まあこれを英語で書くんで難しかったですね。

んでその後、メインセンテンス後発型の例として出てきた課題文を簡潔に書き直し、さらにメインセンテンスを指摘して終わり。ここは比較的作業ぽかったかも。

 

大問5はちょっと見慣れた説明書の添削。ていうかこの時期のこの時間に携帯式のホットサンドメーカーの話は反則でしょー。それにそもそもこれあんたらがマシン欲しいだけでしょ。僕だって欲しいよ、お肉も挟んで焼ける大きいやつ。

これも英語で添削しなきゃいけないんで難しかったですね。さらに「どう直すか」ではなく「この人の書き方だと、どう意味が変わってしまうか」を3箇所だったのでこれを英語で説明は相当ハードでした。

 

僕は comparing と few と or にダメ出ししました。「意味が変わってしまう」と明言できる場所はここだった気がしたんでここで足掻きました。それ以外も結構、読みにくい説明書でしたね。特に油が多い食品に使用した場合どうこうってところは一読じゃほぼ意味がわかりませんでした。僕のブログじゃねえんだからさー。ちなみに僕の欲しいやつは下の皿に脂が落ちるからヘルシーってやつね。

 

んで最後にお約束、自分で説明書を書き直して終了。ただ裏ページだった挙句でホットサンドメーカーミニがどの部分が大文字かを何回か確認しながらだったんできつかったっす。ちょっとここ時間がなかったんですがここまで色々注意が多い機器なら

 

size

function 

note

caution

 

とかやってオール箇条書きの方が良さそうな気もしましたね。

 

全体に関してですが、僕の感触ではこれで「150点以上、且つ各大問50%以上」だとほとんどプロフェッショナルは出ない気がしました。それこそ僕が砕け散った変更初回くらいの冷え込みになりそうな…。

本試験までには何かしら下方修正はしてくるんじゃないかと思ってます。まあこのままゴーならそれはそれで、この試験が間違いなく国内の最高峰の候補でしょう。作業部分が減って、考える部分が大幅に増したんで、チョロっと英語冠を1つ増やすべって感じで取るってのはかなり難しくなるような気がします。

裏を返せば、この分野に継続的に情熱を持ってる人には逆転のチャンスが出てくるかもしれませんね。

 

そんで終了後にアンケートがあるんですが、さすがに試験が試験なら受験者も受験者です。少なくとも僕の周りでは16時終了で16時05分の時点で帰ってる人はいませんでした。僕の近所は特に熱く、みんな熱心にアンケートを書いててすごく心が洗われましたね。

僕も日本語を調べる為に辞書を引きながら一生懸命書いたんですが、あんま形式どうこうに言及する気はなかったので、ただただ「すげー」「楽しかった」「ありがとう」の旨が並ぶだけで文字数が無駄に多い、テクニカルライティングの悪い見本の例になってしまったかもしれません。今後の受験を熱心に勧められそうです。

 

んで帰りは合格者の集いで知り合った人とドレコ寸前の店にご一緒させてきただきました。

本当にしっかりしてる人でお話もとてもためになりましたね。でもよくよく聴いてるとところどころ、この試験の合格者にしては魔素が高めな発言が…どうりで僕に好意的なわけですね、なにかが惹きあったんでしょう。なにかって魔素だけど。

工業英検にまだ面接があった頃の話も伺わせていただきました。やー僕が当時受けてたら200%通ってなかったと思います。ほとんど企業面接じゃん。

その他、大嘗宮の話やら切磋琢磨仲間の手のひら返しの話やらリーマンショック時代の話やら写真撮ってひと儲けの話やらと、いろんな話をたくさん聞けてすげー楽しかったんですが、いやー経験豊富なせいなのか社会ってのがそもそもそういうとこなのか、なりたくてなる魔物はいないんですね多分。

そんな話を感慨深く聞いてたんですが、途中で店が混み出して僕は普段着だったので少々居づらくなりました…。でもせっかくなのでお相手の方を盾にしてガッツリ居座りました。申し訳ない。

まあそんな僕のハラハラをよそに、相手の方は「俺はしっかりした格好してるから別に」って感じで何も気にしてませんでしたね。これこそが社会経験の差ってやつなのかと痛感致しました。そこはさすが工業英検資格保持者、行動にも無駄がありません。見習うべきはこういうとこです。うっかり感化されて魔物還りしそうになってたので気を引き締めて今日の爺さんにもあたろうと思います。

まず時間通りには来ないので用意して待たずに好きな時間までダラダラ過ごそうと思います!皆さんも良い休日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 英語試験 | 00:26 | - | - | - |