英語浪人の1日 後半戦

はい静かな反響ですが後半戦です。前回のスケジュールを覚えてない人は暇なら読み返してみましょう。

前回はまだ起きてから数時間のお話でしたが濃密なスケジュールでしたね、まず1選手つくるのに90分くらいかかりますからね。その間に勉強もしなきゃいけないんでかなり過酷でしたね。

念の為書いておきますがこれは英語浪人当時の1日のスケジュールですよ。勉強してなくね?と思ってる方もいるかもしれませんがまだ1日の前半なんでね。本番の後半いってみましょー。

 

18:30 ここで休憩に入ります。さっきまでの街の闊歩は休憩じゃないんかい?と思うでしょうがイヤホンしてたからあれは勉強時間ね。歩きながらの方が脳が活性化されるから濃密な勉強時間です。

そんでナンバーズと半額ゲットもしてだいぶ疲れたんで休憩です。ちゃんと休憩も取らないとね。

時間かかったわりに収穫がない日とかは特にどっと疲れるのよね。

そんでテレビを見ます。これは主に背景知識入手という大義名分があったんで一応ニュースかなんかでしたね。

当時って時事ニュースは17時から18時10分くらいまでが本命で、そこを過ぎるともう今日の特集がメインなのよね。

んでちょっと半額戦争が長引いたりすると帰宅時には既に18時40分とかになってることもあってさ、もうそうすると芸能とスポーツしか残ってないんだけどきっちり見てましたね。

特集に間に合ったときはカワウソの赤ちゃんとか根性大根とかも混じってましたね。行列のできるラーメン屋とかになったら断腸の想いで変えてましたけど。今考えるとこのラインナップで何を仕入れるつもりだったのか。

ちなみに当時の副音声は18時から18時25分までTBS、19時からNHKだったんですが、映像があると真の理解を妨げるとか思ってたのか基本的には興味ない状態でしたね。

18時30分だか45分からのボーイミーツワールドだけは何回か音声で取りましたが、これは以前も書きましたが全く効果ありませんでした。

 

19:00 風呂。実はここも割と勉強タイム。さすがに風呂でゲームは無理なのと風呂場にゲーム本を積むよりも英語本を積んだ方が威嚇になりそうだったので。継続という面でも良かったですね。

ちなみに見られる可能性があることからここにはできるだけいい本を置いてます。

当たりもしないナンバーズを真剣に選んだ挙句で帰宅してやることっていったら、威嚇優先で高い本から順番にポシャらせていくという、今思うと非常にもったいない行動です。もちろん家族に本の良し悪しが分かるはずもなく威嚇も大してできてなかったし。

今では高値になってるのもあるんでいっそ綺麗に取っておいて売ればよかったと思っています。いやー自分でもこんなにいつまでも英語やってるとは思わなかったからさー。

 

20:00 夜ご飯。ここはあんまテレビ見てなかった記憶です。当時の番組をあんま覚えてないし。

ぐるナイと学校へ行こうは覚えてますね。学校へ行こうを見ながら英語浪人をしている僕を当時みんなはどんな心境で見ていたのか…学校辞めたお前が今更なんなん?とツッコミまくってたでしょうねー。

あーあとガチンコも思い出したわ。当時は自分の道は自分で切り開く、が信条だったのでこれにも多少影響を受けてたんじゃないでしょうかね。まあ番組も僕も今こうなってるあたり当時シンパシーを感じたのはあながち間違ってなかったんだなと思いますね。

ミリオネアも記憶にあるなー。やっぱ4択だからですかね。当時に今くらい猛烈なクイズブームだったら、きっとみんなを呼びつけて一斉解答ごっこからの自己顕示の時間だったと思いますね。そんでもってそのクイズ番組の時間は勉強時間として計上と。

ね?この英語浪人ってさ、本人はずっと勉強してる錯覚だから後ろめたさとかあんまないわけ。

 

21:00 ようやく大マジの勉強開始。あれ、もう9時じゃん。働いたり学校行ってる人と変わらないじゃんて感じですけど。

んでここだけはまあまあしっかりやりましたね。主に英文の精読でした。

当時は難しい英文を真っ白で手に入れるとなると漫画喫茶で英字新聞の刷り出ししかなかったんですよね。でこれが当然、答えがないのでものすごい時間を費やしました。

一時期は辞書もなかったのでそれこそ一記事に2時間とかもありました。自分の分析結果が強制的に最終案になって答えになるからめちゃくちゃ時間を使いましたね。

「これができるなら、理屈上これもできるんじゃね?」みたいな感じで文法にも結構こだわりましたね。冨田先生という先生の本のやり方で、とにかく全文を納得するまでバラしてました。唯一ここだけはまともにやってましたね。あとは試験が近づくと模試。

んで23時になったらラジオのニュースを撮ってました。これが平日は15分、休日は10分なんでナンバーズに加えてここでも曜日を感じてました。ほらね、こうやって1日の日課があって、1週間の流れを感じる瞬間もあるからさ、この生活がそこそこ「遂行してる感」があったのよ。こんな身分だったクセに今でいうとこの自己肯定感めっちゃ高かったような気がするもん。

んでこの撮ったラジオは翌日の昼のゲーム中&買い物の時のイヤホンで流しました。

あとは昼間に語呂を作成した単語を書き出して正解できてたら終了。

 

02:00 再びゲームしながら色々。最初の頃はここで再び火がついてノーマル勉強に戻ることもあったし、そうでなくても「明日からはこうしよう」みたいな壮大な野望と共にゲームをしていたんですが、結果がなかなか伴わないのと、さっき書いたようにこの生活が基本になってくると、いつしか謎の充実感が出てきて「ペースを乱すな」とか「消耗戦だな」とか「階段型。堪えて堪えて」とか都合いい思考になっていって、最後にはここは正当なクールダウンのゲームの時間となりました。

英語浪人なんだから気が向いたら3日完徹くらいやってもよさそうなのに一切しませんでしたね。とても規則的にこの生活をしています。

 

03:00 布団に入ります。ナンバーズで頭を使ったのと半額戦争をかなりの頻度でこなしてたので寝つきだけは良かったですね。無理のない勉強に適度な運動もこなしてますからね。繰り返しですが本人はこの1日にそこそこ手応えを感じてたんですよ。まあ内容はなくともスケジュールを守ってる充実感があったからでしょうかね。

 

とまあこんな感じで1日終わります。いかがでしょうか、この人英語浪人するほどの勉強いつしてたんでしょうか。この生活のメリットは

 

時間を完全に好きに使えた

周りに振られなかった

いい感じで「忘れる時間」が混じっている

半額の時間を把握できた

 

ってとこですかね、きままな無職と言いましょうか。デメリットは

 

とにかく家族に迷惑をかけた

みずほに無償で献金してしまった

 

ですかね。こんなイタい息子を諦めてくれた親に感謝ですよね。

 

親は貴重な体験をさせてくれたなーと思ってます。多分親は僕があたおかなのを僕より先に見抜いてて関わりたくなかったんだと思いますが、放っておいてくれたのには感謝ですね。でも心配したと思うんでみなさんは真似をしないようにしましょう。

んで結局、この時代に結果は全く出ませんでした。確か最高で1級1次が77/合格点82、TOEICは870とかですかね。まあそもそも勉強してないから反映されるわきゃないんですけど。

 

こんな感じでいくら時間があってもやらないやつはやらないんです。実は今回の記事を書いた理由に、これを伝えたかったってのもあるんです。

今回の一連で、最後まで追い込んで準備してた試験が延期や中止になっちゃった人はかなり歯がゆい思いをしたと思うんですよね。まあ英検は会場を変えてまで決行するけどね。

んでこの延期を食らった側の人でちょっと心に余裕がなかったりすると「あんなに一生懸命、この日に合わせてやってきたのに次回までお預けかよ。これ一番得したのは途中で投げた人じゃね?ここからじっくり追い込みをかけて次回試験は同位置からスタートじゃん!こっち思いっきり割損じゃん!!」的な思考になってしまうかもしれません。

が!!!そうやって一回助かって時間が湧いてもやらねーやつはやりません。安心してください、遊んでますよ。

24時間好きに使えて最低限の下地があっても、その状況下でこんなに綺麗にドン滑るやつもいたんです。大体何でもいざたっぷり時間があるとなるとやりたいことすら後回しになるもんじゃないですか。

てわけで今回、寸前で何かが延期になってしまって悔しい気持ちの人は、その延期で「救われた」側の7割くらいはどうせ数ヶ月後に当時の僕のような末路になるんだと思っておくと免疫力が下がらずいいかもしれません。

 

あーちなみに当時の一番の結果はロト6の4つ揃ったやつね、確か9500円くらい。イレギュラーが大っ嫌いなくせにこれだけはソッコーで昼間に換金しに行ったわ。今ではくじは買わないのでいい思い出です。

| 個人的にあまり有効じゃなかった勉強法 | 02:29 | - | - | - |
英語浪人の1日

さて英検は決行のようです。ほぼありとあらゆる行事が中止する中で英検2次だけがやるようですね。

ていうかこれさ、受験案内24−2にギリ含まれないのかね?

「不測の事態が生じ」の部分が「再試験等必要な措置」の部分にまでかかっているようにも取れますけど…その必要な措置が都内への会場変更か。さすが英検。あとがないと恥も外聞もなく大胆になれるもんですね。

これのせいでなかったはずの電車移動をしなきゃいけない受験者が発生しそうな感じですし…

イヤイヤ仕方なく行かなきゃいけない人はしょうがないとして、これを協会による受験者を思っての措置だと思ってる人は頭の中がマジで英語しかなくなってますね。協会にはありがたい受験者だと思いますけど。

いやーいくらなんでもこれは悪魔の誘惑と思いますね…他の行事とか世間の動向見てももうこれ逆に恥ずかしいです…。

騒ぎ過ぎとかいう意見もありますけど、健康に関しては大げさなくらいで丁度いいと思うんですよね。なのでビビってる人は素直にビビった方が後悔しないんじゃないかと思います。家族もいるでしょうし。だって英検だよ?賭けるとこちがうべ。

ちなみにさすがの超絶試験狂いの僕も今回は離脱を決断いたしました。今回はビビったっつーかこんなノリの試験にこんな時に行ってやりたくないのもちょいありますし、何より総合の自己最高更新がほぼ無理なんでね。

 

とまあすげー長い前置きの中で久々にきましたあまり有効じゃなかった勉強法です。

この騒動であれも中止、これも延期となって家に籠る人が出てくるんじゃないかということで、僕の英語浪人時代の話を参考に書いておこうと思います。僕の話にときどき出てくる魔物時代のことです。

僕にとっては昨日のことのようですが、時代も変わりいつの間にかすげー昔になりました。ちなみにこの頃の時代背景はというと、この頃はPCが今でいうスマホくらいの一般家庭普及率で、実際に周りを見渡すと所有者がリアルに大多数なんですが、ネット環境まで自宅完備かってというと微妙な感じでしたかね。全世帯が常時ネットになるにはもう二歩といった感じでした。

そんな比率だったので僕は家にネットがなく、やりたいなら漫画喫茶って感じでした。

PCゲームが一般的に出だすちょい前あたりですかね。漫画喫茶で「ゲームが出来る高スペックのPCもあるよ!」とかが売り文句になる頃というとなんとなくイメージ出来るでしょうか。

僕がたまに行ってた漫画喫茶は住んでたとこが田舎だったんでPCは数台しかなく、ゲームもできなかったんですが色々と貴重なスペースでしたね。ちなみに今も漫画喫茶として営業してます。

 

そんな頃に僕は英語で自称快進撃を見せたんですよ。この快進撃ってのも確か2級無対策で合格とかそんなもんだけど。

んでこの頃ちょうど、その他の方面でも色々あって、何かを自分で切り開くことの面白さに一瞬だけ取り憑かれちゃったんだよねー。

本当にここいらの数ヶ月だけは楽しかったんですよ。その後もすぐに準1は超善戦&初めて受けた1級が76/合格点88だったんでドヤ顔で英断しました。

それが英語浪人です。

俺英語やるから。凛。みたいなね。いや浪人だから。浪人に凛とかないから。と今なら親の心のツッコミが聞こえますね。

ちなみに浪人になってからはやりたくてやったのに終盤はそこまで面白くなかった気が。反対押し切ってやってるくせに楽しみもしないなんて無責任にもほどがあります。まあ勝手な生活してたんで人からは楽しそうに見えてたかもしれませんけどね。

 

その一日はこんな感じでした。

 

11:00 起きる+勉強環境確保の名の下で威嚇行為+飲み物を買いに行く

13:00 ゲーム+音声垂れ流し+語呂作成

16:00 ナンバーズと夜ご飯を買いに出動+イヤホンで英語

18:30 休憩+背景知識入手という名の下でTV鑑賞

19:00 風呂

20:00 夜ご飯

21:00 ようやく勉強開始

02:00 ゲーム+音声垂れ流し+語呂作成

03:00 布団に入る

 

リアル自由な引きこもりでしょう。平たくいえばただの無職です。これを実家で堂々とやってます。時には威嚇しながら。

こんなんで頭おかしくならなかったの?って思います?その前に頭おかしいんでしょ?って思いますよね、その通りです。

まずおかしいから実家で凛と英語浪人することを決断できたわけですが、この生活でさらに輪をかけたのは確かですね。少ない旧友との関係もすぐに切れたんですよね、まあ電話もメールもするほどの用がなかったんで当然ですけど。

多分携帯代が一番の無駄だったでしょう。んで詳しく見ていくと

 

11:00 起きる。この頃は今よりもずっとイタくて上記のように「自分の人生は自分で切り開く」とか思ってたんで食べ物と飲み物は自分で選んでましたね。親に守られた実家で。

これはご飯の内容がどうこうって意外にも、他の人の時間に合わせたくなかったって理由もあったんですよね。まあ家族に時間合わせてまで食べたいほどのご飯も出てこないしさあ。あるじゃん若かったからさー。凛とかしたくせになんとなく顔合わせたくない気もしてたし。

当時はとにかく環境変化というか不確定要素に弱かったですね。来客がありそうかどうかカレンダーを見たり冷蔵庫を見たり祖母の外出時間を逆算したりしてましたね。早い話、邪魔になりそうな要素の排除です。当時は頭がおかしかったから、これが何のためらいもなくいいことに思えてたんですよね。「俺出来るな、周辺整備も抜かりない」みたいな感じで。でもそう言いながら出前取るって時だけはすかさず乗っかってカツカレー食べてましたけどね。

んで次やることはっていうと

 

13:00 ゲームしながらラジオの音声を流す。それが数周したら今度はロード時間に英単語の語呂作成&暗記。散々威嚇して回ったくせに自分はパワプロからスタートです。どう見ても遊んでるもの、そりゃ先に威嚇しとかないとね。

まあこれ最初はちょっと肩慣らし程度のつもりでやるのよ。一応英語浪人だからね。

でも一人作り終わるころには色々馴染んできてさ、もう一人行きたくなるのよねー。特に冴子さんがあと1回のイベントで完成だったときはそりゃもう1回やりたいでしょ。

ちなみにこんなんでやってるからどっちもおざなりでした。語呂合わせ作ろうと本の方を見てる間にもう追い込まれてて(ゲーム音はさっきまでラジオ流してたから消えてて気づかない)最後の球を無理に打って左投手×とか。

丸々1ページ飛ばして語呂合わせ作ってたりとか。別に和英の対応がズレたんじゃないからよくね?と思うかもしれませんが前述のようにこの頃は不確定なものがとにかく嫌だったので、飛ばしたページが気になっちゃったんですよね。そんな感じでBGMニュースで一人、語呂合わせやりながら一人っで感じで、2人くらいパッとしない選手を作ってプレステをパンチ。んでこの後は

 

16:00 ナンバーズを買いに出陣。これは絶対行かなきゃいけないんできっちりゲームも止めます。当時の唯一の収入源なんで取りこぼしたら一巻の終わりなんで。還元率ほぼゼロですがマジですよ、もう頭おかしいからね。

ちなみにこの頃は月水金がナンバーズ、火曜日ミニロト、木曜日ロト6でした。単語は覚えてないくせに数字選択くじの曜日割だけはバッチリ覚えてます。社畜が如くチャンスセンターに定時で通ってますからね。

この外出時は昨日の23時のラジオニュースをイヤホンで聞いてましたね。んでスーパーの30パーか半額品を漁って帰宅。

時間通りことがいかないと気が狂うくせに、半額品のために近所をもう1周するのは苦じゃないどころか必要な努力という認識ですからね。まあ半額待ちの最中でニュース何周も聞いてたんで今でいうマルチタスクみたいな認識だったんでしょうね。

ええダメですよ頭の中は半額に集中してますから。いくらイヤホンしててもお寿司コーナーのバックミュージックに消されますし。

ていうか自宅で11時にまず冷蔵庫チェックしておいて半額品買って帰ってくる無神経さ。野放しにしとく親も親ですよ、ごめんねおかあさん。と思って今は親孝行してますがなぜか煙たがられてます。自業自得ですね、はい。

 

こいつ今の時点で全く勉強してないですが、後半戦に続きます。

| 個人的にあまり有効じゃなかった勉強法 | 11:46 | - | - | - |
時間がないときの勉強法 失敗例 

さてきました。忙しいとか書いておきながらまさかのアンコール&誰も待ってない続編です。

試験を受けなかったときの試験時間中のリアル更新ってやってみたかったんだー。まあこんなことしてる場合でもないんだけど、ブログって現実逃避に丁度いいんだよねー。

ここにきていつまでも発生する台風と高気圧とかでみなさんも現実逃避したいんではないでしょうか。ちなみにそういう月に限って狙ったようにさらにイレギュラーな用事が入りますね。もう想定内になりました。とはいえメンタルには響きます。

前回、時間がない時のオススメ勉強法を書きましたがあれは試行錯誤の末の結論で、僕も例にもれず色々な方法を試してはいたんですよ。

なので今回は僕自身が忙しいときにやってみて失敗した勉強法の方を書きます。

 

それは

 

普段の勉強の内容をキープしたまま、これまでの1日分を分割して2日かけてやる

 

というものです。

妥協案としては現実的なラインにも見えるんですが、結果は見事に駄目でした。まず僕がこの方法を採用した経緯が問題でしたね。お得意のつまらないこだわりのせいです。

「メニューを変えて大崩れしたら大変だ」みたいになって今までの自分のやり方にしがみついたんですよね。なんつーかこの時点で未練が漂いまくってます。ていうか当時は何の結果も出てないのに何がそんなに大変なのか。

これ一見「自分の信じてきた手法なんだから、そんなに簡単に変えちゃいけない!俺はブレない!」みたいな熱い感じにも思えますが、全然違います。

「今回は点数が上がらなかったとしても、自分のやり方でやりたい」の方が近いです。しかもそんなこと言ってる割に当日の試験結果にはうるさかったですね。もち抗議の常連。

もっと突き詰めると「どうせ近いうちに点数上がる見込みがないから、せめて自分のやり方の完遂をしたい」ですかね。都合良く乗り換えたわけです。成績では爪痕を残せないことを自覚していたんでしょう。

んでこの自分のやり方も簡単に意志が折れて浮気して未遂に終わるからもう当日の点数しかアテがなくなり、当日は当然滑るから抗議、と。自己中の流れだけは一ミリもブレてませんね。

 

さてここいらで真面目な流れに戻して、まずこれをやって失敗だったのが「いつも4ページ進んでるのに今日は2ページしか進んでない」みたいな感じで嫌でも遅れに気づいてしまう点でしたね。

本来は4ページできるはずのものが、自分以外の事情で2ページになってしまうのがストレスでした。本来はいい大人ならば勉強の時間なんてイレギュラーな月には取れないものですが、大人になれない大人はそんなことには気がつきませんからね。

そんなこんなで2ページで我慢しているわけです。そうすると単語の問題とかやってると「1日4ページやってたら今頃2冊目に入れてたはず…」とか思うようになってそのまま本番にでもなった日には「あと3問は正解できた、そもそもあいつが余計な予定入れるからだ」とかご想像通りお決まりの邪念が出てくるんですよね。

今の英検1次だとしたら、本番で出題された英作文のお題が、自分が練習している本の先のページ(多忙じゃなければたどり着いていたはずページ)のお題だったと後でわかったときに、みなさん割り切れますでしょうか?

ここで「まあしょうがないよ」とか「英語の学習にどうせ終わりなんてないんだし」とか大人になれる人ならいいんですが、僕は上記のように永遠の邪念少年だったのでストレスマックスになり、さてどいつのせいにしようかなとかザラでした。

んで真面目な人だったとしても、いや真面目な人ほどこういう事態になると「ほらサボったせいだ、今度からは余暇や生活を犠牲に鞭打ってでも4ページ進めよう」となっちゃうと思います。

僕の思考は魔物エリートの思考術なので論外ですが、真面目な思考の方も実は魔物ルートの足がかりだったりするんですよ。なのでオススメしません。

 

んでも前回書いた「全然違う勉強をやる」ってことも怖いからしたくない、上に書いた分割払いスタイルも上記みたいな惜しい事態になったときに割り切れる自信がない、んで生活を削ったら本末転倒なんでしょ?じゃあどうすれば?と思います?

そんな人に妥協案があります。

 

4ページを2ページにするのではなくて、各ページを半分の時間でやる

 

というのはどうでしょう?これは個人的に割と成功でした。普段の勉強を変えることなく忙しい期間に対応するならこっちの方が上手くいくと思います。

各ページがいい加減になるリスクもあるっちゃあるんですが、そこは自力で取捨選択です。

1級どうこうのあたりまで来てる人ならどこが大事でどこは端折れるかは、かなりいい感じで選別できると思うんですよね。

それでもどうしても不安なら以前に書いた「小テスト打法」にしましょう。ちなみにリンクにも書いてますが、そのうちこの小テストは自分の都合いいものに変えられていきますよ。でもそんな僕でもここまで取れたんでそこそこテキトーで大丈夫です。

まあたまに自分が切ったとこが次の試験で出ることもあるんですけど、それでもそのページを見てますからまだわずかに抵抗が出来ますよね。

1日2ページしか進んでない人は2週間後の試験では29ページ目の内容は見てもいません。ここが決定的な違いです。

それに「いい加減に4ページ」の方がいろいろ刷り込まれてだけはいるので、電車の待ち時間とかで思い出すパーツが多いし。

雑多に色々刷り込まれてるのが逆にノイズじゃねーのと思うかもしれませんが、そんなこといったら和製英語や横文字だらけの街歩けねーじゃん?

とまあ天狗りましたがこれも個人差はありますよ。このやり方も見方によっては「4ページの達成」にこだわってるじゃんとも言えるしね。なので色々柔軟に広く構えるのがいいんじゃないですかね。

 

ちなみにこの方法に変わったきっかけなんですが、当時の僕は自業自得で漫喫しかネットがなかったのが大きかった気がします。料金との兼ね合いで着実さよりも出来るだけ多くの調べ物をザッとするのが基本スタイルになっていったような。

あとは半分をしっかりやるよりも、ちょいいい加減でもいいから形にして一冊終わらせておけば、落ちた時に「一冊通したけど受からなかった、この本は詐欺だ」と出版社に抗議ネタを仕込めるからとかそんな感じじゃないですかね。なんでこの脳の回転を他に活かさなかったのかが悔やまれます。

 

そうそう昔の痛い時代の話が出たからちょうどいいわ。今さ「多忙になって1日4ページ進まない」ってなったときの選択肢が

 

1、根性で本来の濃さで4ページやり遂げる

2、妥協して1日2ページをしっかりやる

3、妥協して4ページを軽めにやる

 

とありますね?これ以外の選択肢を思いついた人はいますでしょうか?ちょうど今みんなはリアルにTOEICの part 7ですね。ならこっちも4択にしましょう。

実はこれちゃんと4番目の選択肢もあったんです。

 

4、それなら他の人の勉強をなんとか2ページにする方法を考える

 

です。おおお今考えるとかなり恐ろしいですね。当時の僕が無冠2級で本当によかったわ。もちろんこの4は絶対あかんどころか選ぶと減点なのでやめましょうね。

こう書くと当時の僕にも少しは良心が残ってたみたいに見えますが、単に他の人のページ数を削る具体策を思いつかないので実行しようもなかっただけだった気がします。がんばりたいも思い詰めるとこんな風に思考が変な方向に行ってしまうのでほどほどにした方がいいですね。

特に英検の勉強は個人ジーキャスの実施予定くらいテキトーに取り組むのがオススメです。

| 個人的にあまり有効じゃなかった勉強法 | 14:25 | - | - | - |